看護師パート メリット

夜勤専従パートは良いよ〜(^_-)-☆

夜勤専従パートは高給で人気がありますね。

 

夜勤専従はパートと常勤の2つに分かれます。

 

おススメは夜勤専従パートですね。

 

給料や福利厚生面を考えると夜勤専従常勤の方が良いのですが、パートの方が確実に働きやすくストレスも少ないですよ。

 

夜勤専従常勤は最低でも月に8回は夜勤が必要になります。

 

2交代での月8回なので、月に16日勤務した事になりますが、これでは公休だけでは足りなくなります。

 

足りない分は年休を当てれば良いのですが、それでも年休が足りなくなってしまいます。

 

夜勤を10〜11回すれば丁度良いですが、月の半分以上を夜勤で過ごすと言うのはハードです。

 

月の半分以上の夜勤をするという事は、夜勤明け夜勤や、3日連続夜勤などかなりハードな勤務になります。

 

夜勤専従パートの場合は、自分の好きな回数で夜勤が出来ますし、休日数の制限もないので働きやすいですよ。

 

夜勤専従の場合は、一般病院で1勤務3〜4万円、老人病院などで1勤務2〜2万5千円ほどなので、効率良く稼ぐ事が出来ますよ。

 

私は月に4〜6回の夜勤をしていました。

 

月の半分以上は休みですし、この程度の回数ならストレスなく働く事が出来ますし、給料も10〜15万円は稼げるので、日中にパートをするよりも効率良く稼ぐ事が出来ますよ。